論文

  1. 中山貴仁,吉岡理文,井上勝文,“DenseNetに対するSEモジュールの適用可能性に関する実験的検討”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 140,No.11,2020.(査読あり,掲載予定)
  2. 森優斗,井上勝文,吉岡理文,“話者の印象を考慮した階層的識別器を持つGANによる音声合成”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 140,No. 11,2020.(査読あり,掲載予定)
  3. 猿渡太貴,井上勝文,吉岡理文,“スタイル変換に基づくデータ拡張を用いた三次元物体復元手法”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 140,No. 11,2020.(査読あり,掲載予定)
  4. 酒井徹,吉岡理文,井上勝文,“360度カメラを用いたLSD-SLAMシステムにおけるカメラトラッキング精度の向上”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 140,No. 7,pp. 800-809,2020.(査読あり)
  5. 二垣良知,井上勝文,吉岡理文,“転移学習と知識蒸留による少数学習データのためのDNN学習法”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 140,No. 6,pp. 664-672,2020.(査読あり)
  6. Katsufumi Inoue, Misa Ono, Michifumi Yoshioka, "Hand Detection in Egocentric Video and Investigation Towards Fine-grained Cooking Activities Recognition", IIAI Information Engineering Express, Vol. 5, No. 1, pp. 27-36, 2019. (査読あり) [PDF]
  7. 井上勝文,白石孝弥,松岡遼,吉岡理文,“RGB-Dカメラに基づく連続表現された日本語の指文字のスポッティング解析”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 138,No. 10,pp. 1230-1241,2018.(査読あり)
  8. 森下博貴,井上勝文,吉岡理文,“深いResidual blockを持ったニューラルネットワークの実験的検討”,電子情報通信学会論文誌D,Vol. J101-D,No. 8,pp. 1140-1149,2018.(査読あり)
  9. Katsufumi Inoue, Michifumi Yoshioka, Naomi Yagi, Shinsuke Nagami, Yoshitaka Oku, "Using Machine Learning and a Combination of Respiratory Flow, Laryngeal Motion, and Swallowing Sounds to Classify Safe and Unsafe Swallowing", IEEE Transactions on BioMedical Engineering, Vol. 65, No. 11, pp. 2529-2541, 2018. (査読あり) [PDF]
  10. 北耕次,吉岡理文,井上勝文,“拡大されたインタレース映像の通常インタレース状態への復元方法”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門紙),Vol. 138,No. 2,pp. 181-192,2018.(査読あり)
  11. 北耕次,吉岡理文,井上勝文,常川翔平,稲毛成,“図形パッチ学習型超解像”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 136,No. 7,pp. 929-937, 2016.(査読あり)
  12. 白石孝弥,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一,“距離画像センサを用いた日本語の指文字認識のための手領域自動抽出と指方向認識”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 135,No. 11, pp. 1328-1336, 2015.(査読あり)
  13. 小川恵志郎,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一,“境界補正Support Vector Machineによる特定匂い検出アルゴリズム”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 135,No. 7,pp. 920-926,2015.(査読あり)
  14. 小川恵志郎,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一,“水晶振動子質量センサを用いた匂い検出に対するセンサ選択手法の検討”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 135,No. 6,pp. 706-712,2015.(査読あり)
  15. Katsufumi Inoue and Koichi Kise, "Analysis of the Effect of Dataset Differences on Object Recognition: The Case of Recognition Methods Based on Exact Matching of Feature Vectors", Electronics and Communications in Japan, Vol. 96, No. 9, pp. 33-45, 2013. (下記の論文と同じ内容,電気学会により英訳)
  16. 井上勝文,黄瀬浩一,“データセットの違いが物体認識に与える影響の解析―特徴ベクトルの一致検索を用いた認識手法の場合―”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 131,No. 11,pp. 1915-1924,2011.(査読あり)
  17. 井上勝文,黄瀬浩一,“特定物体認識におけるBloomier Filterを用いたメモリ削減法とその実験的評価”,電子情報通信学会論文誌D,Vol. J93-D,No. 8,pp. 1407-0416, 2010.(査読あり)

レター

  1. 井上勝文,三宅弘志,黄瀬浩一,“三次元物体認識に用いる局所特徴量の取捨選択によるメモリ使用量削減手法の実験的検討”,電子情報通信学会論文誌D,Vol. J92-D,No. 9,pp. 1686-1689,2009.(査読あり)

国際会議論文等

  1. Shinya Michibata, Katsufumi Inoue, Michifumi Yoshioka, and Atsushi Hashimoto, "Cooking Activity Recognition in Egocentric Videos with a Hand Mask Image Branch in the Multi-stream CNN", The 12th Workshop on Multimedai for Cooking and Eating Activities, 2020. (査読あり,発表予定)
  2. Yuichi Morioka, Katsufumi Inoue, Michifumi Yoshioka, Masaru Teranishi, and Takashi Murayama, "Blur restoration of confocal microscopy with depth and horizontal dependent PSF", 24th International Symposium on Artificial Life and Robotics, 2019. (査読なし)
  3. Shohei Tsunekawa, Katsufumi Inoue and Michifumi Yoshioka, "Image Up-sampling for Super Resolution with Generative Adversarial Network", The 31st Australasian Joint Conerefence on Artificial Intelligence, 2018. (査読あり)
  4. Takuya Tsujibayashi, Katsufumi Inoue and Michifumi Yoshioka, "Noraml Estimation of Surface in PointCloud Data for 3D Parts Segmentation", 2018 IEEE International Conference on Artificial Intelligence in Engineering and Technology (IICAIET2018), pp. 1-5, 2018. (査読あり)
  5. Tsukasa Okumura, Shuichi Urabe, Katsufumi Inoue and Michifumi Yoshioka, "Cooking Activities Recognition in Egocentric Videos using Hand Shape Feature with OpenPose", 10th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2018), pp. 42-45, 2018. (査読あり)
  6. Shuichi Urabe, Katsufumi Inoue and Michifumi Yoshioka, "Cooking Activities Recognition in Egocentric Videos Using Combining 2DCNN and 3DCNN", 10th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2018), pp. 1-8, 2018. (査読あり,Cookpad Student Paper Award受賞)
  7. Yuichi Morioka, Katsufumi Inoue Michifumi Yoshioka, Masaru Teranishi and Takashi Murayama, "Blur restoration of confocal microscopy with depth and horizontal dependent PSF", Special Session on Communications, Electronics and Signal Processing(CESP) in 15th International Conference on Distributed Computing and Artificial Intelligence (DCAI2018), 2018. (査読あり)
  8. Yuto Mukai, Michifumi Yoshioka and Katsufumi Inoue, "Optimal initialization for neural network weights by support vectors", the 6th Asian Conference on Information Systems, pp. 153-156, 2017. (査読あり)
  9. Sho Kobuke, Michifumi Yoshioka and Katsufumi Inoue, "Blind Image Quality Assessment using Local Weighting and Color Information", the 6th Asian Conference on Information Systems, pp. 86-91, 2017. (査読あり)
  10. Koji Kita, Michifumi Yoshioka and Katsufumi Inoue, "Single Frame Super Resolution using Bilateral Filter", Proc. of Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (IFSA-SCIS2017), 2017. (査読あり)
  11. Jumpei Yamamoto, Katsufumi Inoue and Michifumi Yoshioka, "Investigation of Customer Behaviors Analysis Based on Top-View Depth Camera", Proc. of the First International Workshop on Human Activitiy Analysis with Highly Diverse Cameras, pp. 67-74, 2017. (査読あり)
  12. Katsufumi Inoue, Misa Ono and Michifumi Yoshioka, "Hand Detection and Cooking Activities Recognition in Egocentric Videos", Proc. of the Fifth Asian Conference on Information Systems, pp. 14-21, 2016. (査読有り,ACIS2016 Best Paper Award受賞)
  13. Katsufumi Inoue, Takami Shiraishi, Ryo Matsuoka and Michifumi Yoshioka, "Investigation of Japanese Dynamic Finger-spelled Sign Language Recognition with RGB-D Camera", Proc. of the 22nd Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, pp. 95-100, February, 2016. (査読あり)
  14. Katsufumi Inoue, Takami Shiraishi, Michifumi Yoshioka and Hidekazu Yanagimoto, "Depth Sensor Based Automatic Hand Region Extraction by Using Time-Series Curve and Its Application to Japanese Finger-spelled Sign Language Recognition", Proc. of 19th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems, Vol. 60, pp. 371-380, September, 2015. (査読あり) [PDF]
  15. Katsufumi Inoue and Koichi Kise, "Memory Reduction Method for Specific Object Recognition Based on Lossy Encoding of Feature Vectors with a Bloomier Filter", Proc. of the 2nd China-Japan-Korea Joint Workshop on Pattern Recognition, pp. 166-171, November, 2010. (査読あり)
  16. Katsufumi Inoue and Koichi Kise, "Compressed Representation of Feature Vectors Using a Bloomier Filter and its Application to Specific Object Recognition", Proc. of the 1st International Workshop on Emergent Issues in Large Amount of Visual Data, pp. 2133-2140, October, 2009. (査読あり)
  17. Katsufumi Inoue and Koichi Kise, "A Method of Memory Reduction for Specific Object Recognition with a Bloomier Filter", Proc. of the 2009 International Conference on Multimedia, Information Technology and its Applications, pp. 27-28, August, 2009. (査読あり)
  18. Katsufumi Inoue, Hiroshi Miyake and Koichi Kise, "A Memory Reduction Method for 3D Object Recognition Based on Selection of Local Features", Proc. of 3rd Korea-Japan Joint Workshop on Pattern Recognition, pp. 7-8, November, 2008. (査読あり)

学会発表等

  1. 古川翔太,井上勝文,吉岡理文,“CNNを用いた顕著生マップに基づく画像感情認識の検討”,第23回画像の認識・理解シンポジウムEA集,IS3-3-31,2020.(評価なし)
  2. Leo Cluzel, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue, "Using IMU with visual-SLAM to improve robustness", 第23回画像の認識・理解シンポジウムEA集,IS3-2-25,2020.(評価なし)
  3. 山崎海門,吉岡理文,井上勝文,“Unsupervised Learning of Optical Flow with an Adversarial Loss”,第23回画像の認識・理解シンポジウムEA集,OS2-2A-3,2020.(評価あり)
  4. 有泉公二,吉岡理文,井上勝文,“scSE-moduleを利用したカメラ画像の深度推定に関する検討”,第26回画像センシングシンポジウム(SSII2020),IS2-22,pp. 1-8,2020.(査読なし)
  5. 小島拓朗,吉岡理文,井上勝文,“CNN型深度推定におけるMask R-CNNの有効性検討”,第26回画像センシングシンポジウム(SSII2020),IS2-11,pp. 1-6,2020.(査読なし)
  6. 和田丈弘,井上勝文,吉岡理文,橋本敦史,“レシピ画像の時系列判定における注目領域についての検討”,2020年電子情報通信学会総合大会情報・システム講演論文集2,D-12-24,p. 57,2020.(査読なし)
  7. 萩原悠生,吉岡理文,井上勝文,“テンソル分解を用いたニューラルネットワーク軽量化の検討”,2020年電子情報通信学会総合大会情報・システム講演論文集2,D-12-6,p. 39,2020.(査読なし)
  8. 奥村司,井上勝文,吉岡理文,元山恭輔,高瀬裕史,“Attention Branch Networkを用いた一人称視点動画における把持パターン認識”,ViEW2019ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集,IS1-A5,2019.(査読なし)
  9. 中山貴仁,吉岡理文,井上勝文,“DenseNetに対するSEモジュールを用いた効率的な学習方法の検討”,令和元年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G11-15,pp. 272-273,2019.(査読なし)
  10. 森優斗,井上勝文,吉岡理文,“話者の印象を考慮した階層的なGANによる音声合成”,令和元年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G11-5,pp. 252-253,2019.(査読なし)
  11. 猿渡太貴,井上勝文,吉岡理文,“スタイル変換画像を用いた三次元復元手法”,令和元年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G11-4 ,pp. 250-251, 2019.(査読なし)
  12. 酒井徹,吉岡理文,井上勝文,“360度カメラを用いたLSD-SLAMシステムの検討”,2019年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,GS1-3,pp. 964-968,2019.(査読なし)
  13. 辻林拓弥,井上勝文,吉岡理文,“物体の凹凸情報と超二次関数を用いた三次元物体パーツ分割”,第22回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-45,2019.(評価あり)
  14. Halvor Kvernes Meen, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue, "Facial Emotion Recognition using Facial Features as an Attention Mechanisum", 第22回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-31,2019.(評価なし)
  15. 道端真也,井上勝文,吉岡理文,“骨格情報と画像特徴量を組み合わせた俯瞰深度画像による人物状態推定”,第22回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-30,2019.(評価あり)
  16. 山ア海門,井上勝文,吉岡理文,“CAAEを用いた画像合成における内部情報の解析”,第22回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS2-14,2019.(評価あり)
  17. 渡邉祥太朗,井上勝文,吉岡理文,“印象を考慮した音楽生成手法の検討”,音学シンポジウム2019,情報処理学会研究報告,2019-MUS-123,No. 20,pp. 1-6,2019.(査読なし)
  18. 鷲本昂樹,吉岡理文,井上勝文,“カメラ映像を用いたcGANに基づく深度推定に関する検討”,第25回画像センシングシンポジウム講演論文集,IS1-32,pp. 1-8,2019.(査読なし)
  19. 松岡遼,井上勝文,吉岡理文,“日本語の指文字を用いたタイピングシステムの検討”,平成30年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,B3-4,pp. 121-124,2019.(査読なし)
  20. 酒井徹,吉岡理文,井上勝文,“全天球カメラによるLSD-SLAMシステムの提案”,平成30年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,A2-2,pp. 29-33,2019.(査読なし)
  21. 橋丘泰典,猿渡太貴,井上勝文,吉岡理文,“Neural Rendererを用いた3Dモデル生成における損失関数の検討”,平成30年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,B1-5,pp. 81-85,2019.(査読なし)
  22. 丸山瑞己,奥村司,松岡遼,井上勝文,吉岡理文,“OpenPoseを用いた日本語の指文字における静止文字認識”,第5回サイレント音声認識ワークショップアブストラクト集,pp. 6,2018.(査読なし)
  23. 片山俊亮,森下博貴,井上勝文,吉岡理文,“深層学習における局所最適解回避アルゴリズムの検討”,平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,TC2-2,2018.(査読なし)
  24. 辻林拓弥,井上勝文,吉岡理文,“PointCloudデータにおける三次元物体パーツ分割のための法線推定”,平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,TC2-1,2018.(査読なし)
  25. 向井悠人,井上勝文,吉岡理文,“深層学習を用いた鋳物のロットナンバー認識”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-52,2018.(評価なし)
  26. 中山貴仁,森下博貴,井上勝文,吉岡理文,“ResNetにおけるRandom Erasingを用いた正則化の効果に関する検討”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-5,2018.(評価あり)
  27. 山本純平,井上勝文,吉岡理文,“CNNを用いた俯瞰深度画像における人物状態推定手法の検討”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-3,2018.(評価あり)
  28. 奥村司,占部修一,井上勝文,吉岡理文,“一人称視点動画におけるOpenPoseを用いた調理行動識別”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS2-38,2018.(評価なし)
  29. 森下博貴,井上勝文,吉岡理文,“ShakeDropによる深いResidual blockを持つネットワークの正則化”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS2-10,2018.(評価あり)
  30. 井上勝文,丸山瑞己,奥村司,松岡遼,吉岡理文,“OpenPoseを用いた日本語の指文字における静止文字認識に関する検討”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS1-23,2018.(評価なし)
  31. 二垣良知,井上勝文,吉岡理文,“DNNにおける効果的な転移学習についての検討”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS1-8,2018.(評価あり)
  32. 常川翔平,井上勝文,吉岡理文,“MS-SSIMを用いたSRGANによる画像拡大”,第21回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS1-4,2018.(評価あり)
  33. 森優斗,井上勝文,吉岡理文,“LSTMによる人物の印象を考慮した音声合成手法の検討”,音学シンポジウム2018,情報処理学会研究報告,Vol. 2018-SLP-122,No. 30,pp. 1-6,2018.(査読なし)
  34. 猿渡太貴,井上勝文,吉岡理文,“MVCNNとPointNetの組み合わせによる欠損を考慮した三次元物体認識”,第24回画像センシングシンポジウム講演論文集,IS2-14,pp. 1-8,2018.(査読なし)
  35. 森下博貴,井上勝文,吉岡理文,“深いResidual blockを持つネットワークに対するShake Dropの有効性の検証”,電子情報通信学会技術研究報告,PRMU2017-157,pp. 71-76,2018.(査読なし)
  36. 谷口夏樹,吉岡理文,井上勝文,“図形パッチ超解像におけるスパースコーディングの検討”,平成29年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G12-1,2017.(査読なし)
  37. 松岡遼,井上勝文,吉岡理文,“RGB-Dカメラを用いた日本語の指文字における静止文字認識”,平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,TC20-1,pp. 766-771,2017.(査読なし)
  38. 松岡遼,白石孝弥,井上勝文,吉岡理文,“日本語の指文字における単語認識に向けたスポッティング解析”,第4回サイレント音声認識ワークショップアブストラクト集,pp. 5,2017.(査読なし)
  39. 井上勝文,上原敬人,吉岡理文,“クラブヘッドスピード改善に向けたゴルフスイング時の姿勢解析”,第20回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-67,2017.(査読なし)
  40. 井上勝文,白石孝弥,吉岡理文,“Kinectを用いた日本語の指文字のスポッティング解析”,第20回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-54,2017.(査読なし)
  41. 山本純平,井上勝文,吉岡理文,“カスケード識別器による俯瞰深度画像中の人物行動識別”,第20回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS3-52,2017.(査読なし)
  42. 井上勝文,小野美沙,占部修一,吉岡理文,“一人称視点動画を用いた詳細調理行動識別の検討〜3DCNNを用いた認識手法の場合〜”,第20回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS2-53,2017.(査読なし)
  43. 小冨家翔,吉岡理文,井上勝文,“局所領域への重み付けと色情報を用いた画像評価指標”,第20回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS2-46,2017.(査読なし)
  44. 森下博貴,吉岡理文,井上勝文,“深いResidual blockを持ったニューラルネットワークの検討”,第20回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS2-25,2017.(査読なし)
  45. Yann Charbonnier, Katsufumi Inoue, Michifumi Yoshioka, "Background subtaction using Super Pixels", 平成28年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G11-20,2016.(査読なし)
  46. 山本純平,井上勝文,吉岡理文,“深度情報に基づく2段階識別を用いた商品棚前での人物状態推定”,平成28年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G11-11,2016.(査読なし)
  47. 向井悠人,吉岡理文,井上勝文,森直樹,“サポートベクタを用いたニューラルネットワーク構築”,平成28年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G10-11,2016.(査読なし)
  48. 井上勝文,吉岡理文,八木直美,永見慎輔,上野博司,越久仁敬,“嚥下音・喉頭変位・呼吸圧に基づく嚥下障害判定の検討”,日本神経筋疾患摂食・嚥下・栄養研究会第12回学術集会鳥取大会プログラム・抄録集,pp. 22,2016.(査読なし)
  49. 上原敬人,井上勝文,吉岡理文,“ゴルフスイングの手領域追跡による人体姿勢推定”,平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,TS5-5,2016.(査読なし)
  50. 森岡優一,吉岡理文,井上勝文,寺西大,村山尚,木森義隆,“共焦点顕微鏡による焦点深度依存ボケ復元手法の検討”,平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,TS5-4,2016.(査読なし)
  51. 北耕次,吉岡理文,井上勝文,“防犯カメラ映像の鮮明化における前処理とインタレース解除”,平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,TS5-1,2016.(査読なし)
  52. 白石孝弥,井上勝文,吉岡理文,“距離画像センサに基づくSOMを用いた日本語の指文字認識とスポッティング手法”,第19回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS1-26,2016.(査読なし)
  53. 小野美沙,井上勝文,吉岡理文,“一人称視点動画における手領域抽出と調理行動識別”,第19回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS1-23,2016.(査読なし)
  54. Shohei Tsunekawa, Hiroki Morishita, Katsufumi Inoue and Michifumi Yoshioka, "Improvement of Image Evaluation Criterion for Super Resolution with Deep Learning", 第19回画像の認識・理解シンポジウムEA集,PS1-02,2016.(査読あり)
  55. 森下博貴,井上勝文,柳本豪一,吉岡理文,“非線形SVMに基づくニューラルネットワーク出力層の検討”,第60回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,2016.(査読なし)
  56. 山本純平,井上勝文,吉岡理文,“俯瞰深度画像を用いた商品棚前での人物状態推定,2016年電子情報通信学会総合大会 情報・システム講演論文集2,pp. 160,2016.(査読なし)
  57. 北耕次,吉岡理文,井上勝文,常川翔平,稲毛成,“図形パッチ学習型超解像”,平成27年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,OS4-7,pp. 675-678, 2015.(査読なし)
  58. 小野美沙,吉岡理文,柳本豪一,井上勝文,“深層学習を用いた歩行状態推定における活性化関数の検討”,平成27年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,OS4-6,pp. 669-674, 2015.(査読なし)
  59. 白石孝弥,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一,“距離画像センサに基づく動きを含む日本語の指文字認識”,第18回画像の認識・理解シンポジウムEA集,DS1-12, pp. 1-2, 2015.(査読なし)
  60. 小野美沙,吉岡理文,柳本豪一,井上勝文,“タブレット搭載の加速度センサによる歩行状態推定の検討”,平成26年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,E3-4,pp. 202-204, 2015.(査読なし)
  61. 白石孝弥,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一,“深度値を用いた日本語の指文字認識のための手領域抽出と指方向識別手法”,平成26年電気関係学会関西連合大会講演論文集,G11-10,pp. 336-337,2014.(査読なし)
  62. 小川恵志郎,吉岡理文,柳本豪一,井上勝文,“偏りのある事例に対する匂い検知アルゴリズム”,平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,OS11-4,pp. 1126-1131,2014.(査読なし)
  63. 戸川恵里,M. Klinkigt,井上勝文,黄瀬浩一,“自動選定された意味的属性に基づく物体認識”,電子情報通信学会技術研究報告,PRMU2011-213,pp. 127-128,2012.(査読なし)
  64. 井上勝文,黄瀬浩一,“登録物体数の違いがBloomier Filterを用いた特定物体認識手法に与える影響”,平成23年電気関係学会関西連合大会講演論文集,pp. 618-619,2011.(査読なし)
  65. 井上勝文,黄瀬浩一,“大規模特定物体認識におけるBloomier Filterを用いたメモリ削減法の有効性の検証”,平成22年電気関係学会関西連合大会講演論文集,pp. 922-925,2010.(査読なし)
  66. 井上勝文,黄瀬浩一,“Bloomier Filterを用いた特定物体認識手法の性能に関する実験的検討”,電子情報通信学会技術研究報告,PRMU2009-109,pp. 115-120,2009.(査読なし)
  67. 井上勝文,黄瀬浩一,“Bloomier Filterを用いた特徴ベクトルの圧縮表現とその特定物体認識への応用”,第12回画像の認識・理解シンポジウム講演論文集,pp. 343-350,2009.(査読あり)
  68. 井上勝文,黄瀬浩一,“特定物体認識におけるBloomier Filterを用いたメモリ削減”,電子情報通信学会技術研究報告,PRMU2009-56,pp. 101-106,2009.(査読なし)
  69. 井上勝文,三宅弘志,黄瀬浩一,“局所記述子に基づく3次元物体認識のためのメモリ削減―局所記述子の取捨選択によるアプローチ―”,第11回画像の認識・理解シンポジウム講演論文集,pp. 363-370,2008.(査読あり)

解説記事

  1. 井上勝文,鷲本昂樹,吉岡理文,“cGANに基づく車載カメラ映像からの深度推定”,画像ラボ,Vol. 31,No. 2,pp. 49-53,日本工業出版,2020.
  2. 井上勝文,“日本語の指文字を用いたタイピングシステムのプロトタイプ構築”,日本画像学会論文誌,Vol. 58,No. 3,pp. 340-344,2019.

招待講演

  1. 井上勝文,“RGB-Dカメラを用いた日本語の指文字認識”,平成30年電気関係学会関西連合大会,G12-8,2018.

受賞

  1. 10th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2018) Cookpad Student Paper Award
  2. 第20回画像の認識・理解シンポジウム MIRU論文評価貢献賞
  3. The Fifth Asian Conferenceo on Inforamtion Systems (ACIS2016) Best Paper Award
  4. 平成23年度大阪府立大学学長顕彰
  5. 平成22年電気関係学会関西連合大会奨励賞

研究助成金・共同研究等

  1. 科学研究費補助金 基盤研究(C),2019-2021,(分担)
  2. 共同研究(音声),2018
  3. 共同研究(動画解析),2017-2019
  4. 共同研究(文字認識),2017-2018
  5. 共同研究(嚥下),2017
  6. 科学研究費補助金 若手研究(B),2016-2018,(代表)
  7. 共同研究(嚥下),2016
  8. 平成27年度 大阪府立大学若手研究者シーズ育成事業,2015
  9. 共同研究(嚥下),2015
  10. 共同研究(嚥下),2014

学外委員

  1. 第23回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2020) 評価委員
  2. 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ 食メディア研究会 幹事 (2019)
  3. 第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2019)若手プログラム 実行委員
  4. 第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2019) 評価委員
  5. 11th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2019) Publicity co-chair
  6. 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019) プログラム委員
  7. 電子情報通信学会英文論文誌D 食メディア小特集 小特集編集委員会 委員
  8. 第21回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2018) 評価委員
  9. 10th Workshop on Multimedai for Cooking and Eating Activities (CEA2018) Publicity co-chair
  10. 中百舌鳥電気クラブ 学内幹事(H30〜)
  11. The 6th Asian Conference on Information Systems (ACIS2017) Vice Program Chair
  12. 第20回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017) 評価委員
  13. 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2017) Publicity co-chair
  14. 電気学会 データによる新社会創造技術協同研究委員会 幹事 (H29〜H30)
  15. 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ 食メディア研究会 専門委員 (H28〜R1)
  16. The Fifth Asian Conference on Information Systems (ACIS2016) Technical Program Comittee member
  17. 電気学会 学会活動推進委員 (H28〜)
  18. The IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2013) Program Comittee member